ゴルフ用品の大型専門店 つるやゴルフ

MADE IN JAPANの品質

彦根工場の挑戦

東海道新幹線の車窓から望む、青い看板が目印のつるやゴルフ滋賀県彦根工場では
オリジナルクラブの製造管理、店頭でお預かりしたクラブのカスタム・修理を行っております。

お客さまのご要望にお応えし、ゴルファーの能力を最大限に引き出すため
スタッフの技術と、培った経験で最高の一本を追求しています。

  • 製造管理《オリジナルブランド》
  • 製造管理《オリジナルブランド》

製造管理
《オリジナルブランド》

ヘッド検品

  • ライ角、ロフト角、フェースアングル、フェースプログレッションをすべてのヘッドで検品。

  • すべてのヘッド重量を測定し、規格範囲内で0.5g刻みで振り分ける。クラブセットとなった時の重さの振れ幅を少なくするため。

  • 組立て

    グリップは<人とクラブを繋ぐ唯一の接点>。シャフト挿入後の微調整は、手作業でしか出来ない繊細な感覚が必要。

  • クラブ検査

    クラブの接着強度、シャフトの強度を検査。シャフトを固定した状態でヘッドを捻り、1本1本、綿密に検査していく。

出荷製品

  • 厳しく設定した管理基準をクリアした製品だけが出荷される。

  • 徹底した製品管理で高い品質を維持することが、<MADE IN JAPAN>を掲げる彦根工場のプライドである。

メンテナンス
《リシャフト・カスタム・修理》

  • リシャフト

    人気のシャフトメーカー製品をラインナップ。

  • ライ角・ロフト角調整

    方向性と弾道の大きな要素であるライ角の調整。もちろん、お客さまのご要望に応じてロフト角調整も行っている。

塗装

  • 色剥がしヘッドを研磨し、元の塗装を剥がしていく。

  • サンドブラスト細かい砂の粒子を当て、古い塗膜を完全に除去。ヘッド表面に細かな凹凸が付き、着色の密着強度を高めることができる。

  • 着色元の塗装をすべて落としてからの塗り替えなので、色ムラのない綺麗な仕上がりが可能。

  • ヘッド塗り替えクラブヘッド塗装前/塗装後の比較

高反発加工

  • フェース面7箇所の厚みを計測。

  • 計測結果に基づき、緻密に研磨していく。高反発加工によって、フェースの反発係数が上がり、ボール初速の向上が期待できる。

  • 研磨後にフェースラインを彫刻し直し、完成。

  • 加工後、再度計測し加工前の数値と比較したデータシートを作成。

激スピン加工

  • 専用の彫刻機でアイアンの溝幅を調整。スピン量の劇的な向上が可能。

  • 溝幅は0.9mmから1.2mmまで0.1mm刻みで加工できる。(画像は1.2mm角溝加工)